ほしの整形外科クリニック

ほしの整形外科クリニック

アクセス 電話アイコン電話する
求人案内

手術

SURGERY

SURGERY/手術

当院の手術の特徴

1忙しい方にも!内視鏡で日帰り手術

当院では手や指の痛みや痺れ等の症状がある疾患に対して内視鏡を用いて手術を行います。
この手術は入院をする必要はなく、日帰りで行う事ができます。
また傷口も小さく、体への負担も少なく済みます。
手術時間は20~30分(手根管症候群の手術の場合)、局所麻酔で行うので術後もすぐに歩けます。お仕事や家事、ご家族の介護等で忙しい方にも受診しやすいです。

2経験豊富な手外科専門医

手術は院長、星野秀士が責任をもって実施します。これまでに海外での手術を含めると手根管症候群312件、バネ指78件、肘部管症候群42件(2020年1月~2022年11月)の実績があります。患者様によりそった丁寧な説明を心掛けています。

3手の疾患に精通した作業療法士が在籍

当院では作業療法士が在籍しております。
手術前後の検査や手術後のリハビリ、装具作成を行います。

4安心のアフターフォロー

手術を終えた後も傷口の消毒、抜糸、状態を確認する検査まで丁寧にフォローさせていただきます。

日帰り手術の流れ

1初回の受診

手や指の痛みや痺れなどの症状に対する治療をご希望の場合は、医師の診察が必要です。
診察や神経伝達速度検査の結果に基づき、状態に応じて治療を行います。
まずは保存的治療(投薬や装具、リハビリ)を行う事が多いです。
状態が改善せずに手術適応となった場合は手術日程を調整します。

2手術前の検査

手術前の検査は
①採血
②感覚の検査(手術日によっては手術当日に行う場合もあります)
を実施します。
また、手術日程を調整し、手術の流れについてご説明します。

手術当日

1手術まで

指定したお時間に当院にお越しください。
当日に行う事は
①感覚の検査(手術前に行った場合はありません)
②院長による体調の確認
③抗生剤の点滴(感染予防)
を行います。

2麻酔

麻酔を行わせていただきます。

3手術

当院院長が手術を行います。
疾患や症状によって時間は異なりますが、手根管症候群の手術の場合、20~30分程度の手術です。

4診察・術後診察

手術が終わった後はすぐに歩くことができます。
術後は院長が手術の結果やお薬の説明をいたします。
不安な事がありましたら、お気軽にお申し出ください。

5お会計

その日のお会計を済ませたら、すぐにお帰りいただけます。

手術後の流れ

1翌日

翌日も当院にお越しいただき、診察を行います。
傷口が感染しないようにガーゼ交換を行います。
また、リハビリ室で生活上の注意点についてお伝えします。

2手術後2日目

流水で手を洗っても構いません。ただし濡れたまま放置しないよう、こまめに絆創膏はお取替えください。

3手術後10日目

傷口を縫っていた部分の抜糸を行います。
手根管症候群の手術の場合、状態に応じて作業療法士が手の装具を作成します。

※手の装具
スプリント療法(手の装具)

作業療法士が「オーダメイド」で作成します。
作成時間:20~40分程度
目的:装具で手を安静に保ち、関節を保護することで痛みが軽減していきます。
値段:【サムスパイカ】1,470円
※値段は3割負担時の場合です。別途診察料がかかります。

4アフターフォロー
(定期診察)

定期診察を行います。
手術前に行った神経伝達速度と感覚の検査を行い、経過を確認します。

手術対応の疾患と料金

術名 負担額
3割 2割 1割
手根管症候群 31,200 20,800 10,400
肘部管症候群 32,700 21,800 10,900
ドゥケルバン腱鞘炎 6,150 4,100 2,050
ばね指 6,150 4,100 2,050
ピンニング(骨性マレット指) 6,570 4,380 2,190
ピンニング(腱性マレット指) 4,200 2,800 1,400
  • ※その他の手術は手術内容で料金が変わります。
  • ※手術料金のみの記載となっております。別途、再診料、薬剤、内服等の金額がかかります。

よくある質問

手根管手術は日帰りですか?

局所麻酔で行いますので手術が終われば帰れます。

手術後に強い痛みや出血があった場合は対応してもらえるのですか?

診療時間内での対応は可能ですが、夜間および休日などは夜間救急病院に相談または受診をお願いします。その後、当院の診療日にお越し下さい。

手術当日は車の運転はできますか?

術後は麻酔の影響と創部をガーゼで厚く保護しますので手が使いにくい状況です。安全面から当日はご家族か公共機関などを利用してお越し下さい。

手術当日、服用している薬は飲んで大丈夫ですか?

現在服用しているお薬を確認させていただきます。その中で、抗凝固剤や血流改善薬など服用している方は医師の指示により手術前に中止をさせていただきます。中止の指示がない方は通常通り服用してください。

手術までに食事や水分の制限はありますか?

特に制限はありません。水分に関しては脱水予防のためにも控えないようにしてください。

手術日はありますか?

午前診療日以外の12時30分から1日1例で行ってます。